未成年者が契約期間の途中でバイトや派遣を辞める裏技

契約期間が定められた雇用契約(有期労働契約)では、契約期間が満了するまでの間は退職が認められないのが原則で「やむを得ない事由」があるか「期間の初日から1年が経過した後」に限って例外的に期間の途中での退職が認められるにすぎません。しかし、未成年者の場合にはそれ以外にも例外的に期間の途中での退職が認められる場合があります。

最低勤務期間が経過する前に退職しても大丈夫?

アルバイトや契約社員を有期雇用契約(期間の定めのある労働契約)で雇い入れる会社では、稀に「最低勤務期間」の定めを設けてその「最低勤務期間」の期間内の退職を制限するケースが見られます。では、このような「最低勤務期間」の期間内に退職することは一切認められないのでしょうか?

バイトで会社が身元保証人の署名と印鑑を求める意図は?

面接で採用を受けた際、雇用契約書や誓約書に「身元保証人」の署名と印鑑を求められるケースが稀にあります。正社員よりもアルバイトの面接で比較的多くみられるようですが、このように雇い主が「身元保証人」を要求する意図はどこにあるのでしょうか?親などに身元保証人になってもらった場合、後で不利益を受けることがあるのでしょうか?

出向命令を拒否できるのはどんな場合?

今働いている会社に籍を残したままの状態で全く別の会社に所属して働くことは出向と呼ばれますが、会社から出向を命じられた場合、その出向命令を拒否することはできないのでしょうか?出向は労務の提供先が異なることになり労働者の就労環境に大きな変更を与えることになるため問題となります。

配置転換(職種・勤務地の異動)は拒否できるか?

勤務先の会社で職種や勤務地の変更を伴う配置転換(人事異動・配転命令)を打診された場合、その配転命令を拒否することはできるのでしょうか?ほとんどの会社では就業規則に「会社は配置転換を命じることができる」などと規定されているため、その就業規則の規定に反して配転命令を拒否できるのかが問題となります。

会社でのいじめを上司に相談したらどんな対処をしてもらえる?

勤務先の会社でいじめに遭っていることを上司に相談した場合、労働契約法で義務付けられる労働者の安全配慮義務に基づいて会社がそのいじめがなくなるように必要な配慮を行うのが通常です。ではその場合、具体的に会社からどのような対処をしてもらえることが期待できるのでしょうか?

トップへ戻る