有期労働契約から無期労働契約への転換申し込みの方法と手順

アルバイトやパート、契約社員など有期労働契約の非正規労働者として働いている場合であっても、通算して5年以上有期労働契約が更新されている場合は会社に対して「無期労働契約への転換」を申し込むことによって契約期間の定めのない「正規労働者」として働くことが可能となります。その場合の具体的な手順とは?

雇用契約書・労働条件通知書を交付してもらえないときの対処法

正社員、アルバイト、派遣社員の区別にかかわらず、雇い主から雇用された場合には雇用契約書(労働契約書)もしくは労働条件通知書など労働条件の記載された書面の交付がなされるのが通常ですが、そのような書面の交付を受けられない場合はどのように対処すればよいのでしょうか?

雇用契約書と労働条件通知書は何がどう違うの?

アルバイトや契約社員、派遣社員、正社員の区別にかかわりなく、雇い主に雇わらる際には「雇用契約書(労働契約書)」か「労働条件通知書」が交付されるのが一般的です。ではこの「雇用契約書(労働契約書)」と「労働条件通知書」では具体的になにか違いがあるのでしょうか?

会社都合の休業で「休業手当」が支給?…それ違法かも!

会社の都合で休業する場合に、休業期間中の「休業手当」として賃金の60%程度の手当しか支払わない会社があります。しかし、これはケースによっては違法な場合もあります。なぜなら「会社都合の休業」の場合には会社は労働者に対してその休業期間中の「賃金の全額」を支払わなければならないのが原則的な考え方となっているからです。

会社都合じゃない休業でも休業手当を支払ってもらえる?

「原材料の不足」や「行政官庁からの営業停止処分」など、会社に直接的な原因がない理由で休業する場合、休業期間中の休業手当を支払ってもらうことはできるのでしょうか?会社に直接的な原因がない「外部要因による休業」の場合には休業手当を支払わないと定めている会社もあることから問題となります。

会社都合の休業で6割の賃金しか支給されない場合の対処法

会社の都合で休業が発生した場合において、会社から「休業期間中の賃金は60%しか支払わない」といわれた場合、それを受け入れないといけないのでしょうか?それとも休業期間中の賃金の全額を支払うよう求めることができるのでしょうか?

出向と転籍の違いを乃木坂46で例えるとこうなります…

人事異動のうち、今勤務している会社とは全く別の会社で働くことを打診されるもとに「出向」と「転籍」がありますが、「出向」と「転籍」にはどのような違いがあるのでしょうか?このページでは「出向」と「転籍」の違いを国民的アイドルグループである乃木坂46で例える形で解説してみることにいたしましょう。

トップへ戻る