会社都合じゃない休業でも休業手当を支払ってもらえる?

「原材料の不足」や「行政官庁からの営業停止処分」など、会社に直接的な原因がない理由で休業する場合、休業期間中の休業手当を支払ってもらうことはできるのでしょうか?会社に直接的な原因がない「外部要因による休業」の場合には休業手当を支払わないと定めている会社もあることから問題となります。

会社都合の休業で6割の賃金しか支給されない場合の対処法

会社の都合で休業が発生した場合において、会社から「休業期間中の賃金は60%しか支払わない」といわれた場合、それを受け入れないといけないのでしょうか?それとも休業期間中の賃金の全額を支払うよう求めることができるのでしょうか?

出向と転籍の違いを乃木坂46で例えるとこうなります…

人事異動のうち、今勤務している会社とは全く別の会社で働くことを打診されるもとに「出向」と「転籍」がありますが、「出向」と「転籍」にはどのような違いがあるのでしょうか?このページでは「出向」と「転籍」の違いを国民的アイドルグループである乃木坂46で例える形で解説してみることにいたしましょう。

未成年者が契約期間の途中でバイトや派遣を辞める裏技

契約期間が定められた雇用契約(有期労働契約)では、契約期間が満了するまでの間は退職が認められないのが原則で「やむを得ない事由」があるか「期間の初日から1年が経過した後」に限って例外的に期間の途中での退職が認められるにすぎません。しかし、未成年者の場合にはそれ以外にも例外的に期間の途中での退職が認められる場合があります。

最低勤務期間が経過する前に退職しても大丈夫?

アルバイトや契約社員を有期雇用契約(期間の定めのある労働契約)で雇い入れる会社では、稀に「最低勤務期間」の定めを設けてその「最低勤務期間」の期間内の退職を制限するケースが見られます。では、このような「最低勤務期間」の期間内に退職することは一切認められないのでしょうか?

トップへ戻る