退職したら損害賠償請求するぞ、と言われたら辞めれない?

会社に退職届(退職願)を提出した場合、会社から「今辞めたら損害賠償請求するぞ!」と脅されるケースがあるようです。会社の主張としては退職することで人員が減少するためそれによって生じる損害を退職者に負担させるということのようですが、そのような会社の損害賠償請求が認められることがあるのでしょうか?

退職届・退職願は〇か月前までに出せと言われたら?

会社によっては就業規則で「退職届(退職願)は退職日の6カ月以上前に提出しなければならない」と定めている場合がありますが、このような会社では就業規則に従って6か月以上前に退職届(退職願)を提出することが必要になるのでしょうか?民法では退職日の2週間前に提出すれば良いと規定されているため問題となります。

会社が定めた様式の退職届・退職願しか認めないといわれたら?

勤務先を退職する場合は退職届(退職願)を提出するのが一般的ですが、会社によっては就業規則で「会社所定の様式の退職届(退職願)を提出しなければ退職を認めない」と定められているケースがあります。このような会社の場合、会社の定めた様式の退職届(退職願)を提出しなければ退職することができなくなるのでしょうか?

仮眠や待機、手待ち時間は労働時間として賃金を請求できる?

会社の勤務形態によっては仮眠時間や待機時間、手待ち時間が設定されているところがありますが、そのような仮眠・待機・手待ちの時間については賃金の支払いを求めることはできるのでしょうか?仮眠や待機、手待ち時間であっても労働から完全に開放されていない場合もあるため問題となります。

準備・後片付け・体操・着替えの時間は労働時間になる?

始業前の準備やラジオ体操、制服に着替える時間は労働時間として給料をもらうことができるのでしょうか。また就業後の後片付けの時間も労働時間として賃金の支払いを求めることができるのでしょうか?仮にその準備などの時間が労働時間に含まれる場合、具体的にどのような法的方法を用いて会社に賃金や時間外手当の請求をすることができるのでしょうか?

トップへ戻る