誓約書にサインしたら内定を辞退できないの?

私のために誰かのためにシェアする

みなさん…まにゃったんの話を聞いてもらえますか…?
アバター画像
実はね…内定をもらった会社の担当の人が入社前研修に出ろ出ろってうるさかったから内定の辞退を申し込んだんだけどね…え?せっかく内定もらったのにもったいないって?…だってしょうがないじゃん…卒論もまだ書き終わってないし、猫カフェのバイトだって行かなくちゃいけないんだから…
アバター画像
それに、この前トルティーヤ先生に相談したら入社前研修は自由参加が基本で出席を強制させられる契約上の根拠はないって言ってたから出席を拒否してたんだけど、担当の人がすごい怒り出して怖かったんだもん…
アバター画像

▶ 内定者研修(入社前研修)は欠席しても大丈夫?

…でね、内定先の会社に「内定の辞退申入書」を郵送したらね、担当の人が携帯に電話かけてきて「内定を出したときに内定の辞退はしないっていう誓約書にサインしてもらってるから内定の辞退は認められない」って言い出すの…
アバター画像
あ~あ~…誓約書にサインなんかしなきゃよかったな~…もうあんな会社に就職する気全然ないのに…ど―したらいいんだろ…
アバター画像

 【「内定の辞退はしない」という誓約書を差入れた場合の内定辞退の可否】

内定先の企業から内定を受ける際に、会社側の要請で「学校卒業の上は間違いなく入社致し自己都合による取消しはいたしません」などと記載された誓約書にサインをし内定先の会社に差し入れさせられる場合があります。

このような場合、内定者は「内定の辞退はしない」ということを会社側に誓約することになりますが、このようなケースでは内定者は内定を辞退することはできないのでしょうか?

「内定の辞退はしない」という誓約書を差し入れることで本当に内定の辞退が出来なくなってしまうとなると、内定者の意思に反して就労を強制させられてしまうことになるため問題となります。

広告

会社が「内定の辞退」を制限することができるか?

アバター画像
あ~言葉の間に「ら行」を入れてしゃべりてーなー…あー「ら行」を入れてしゃべりて―…
あっ!トルティーヤ先生!!
アバター画像
アバター画像
は(ラ)い(リ)…わ(ラ)た(ラ)し(リ)が(ラ)チ(リ)ン(ル)パ(ラ)ン(ル)ジ(リ)ー(ー)の(ロ)ト(ロ)ル(ル)テ(レ)ィ(リ)ー(-)ヤ(ラ)で(レ)す(ル)。
ど…どーしたんですかトルティーヤ先生…?
アバター画像
アバター画像
え?…いや…どうもしないけど…で、なんか用?…
トルティーヤ先生、聞いてくださいよ!あのね、内定を辞退しようと思って内定先の会社に内定辞退申入書を郵送したんですけど、内定を受けたときに「内定の辞退はしません」っていう誓約書にサインしてたみたいで、その誓約書があるから内定の辞退は認めませんって言われてしまって…
アバター画像
トルティーヤ先生、私もうこの会社の内定を辞退することはできないんでしょうか…でも私もうこの会社に就職する気全くなくなっちゃったんですよ…
アバター画像
アバター画像
でレきリるルよロ。
へ?
アバター画像
アバター画像
いや…だから、そういう誓約書を差し入れている場合でも内定の辞退は可能だよって言ってるの…
…でも私「内定の辞退はしません」って書いた誓約書にサインしてるんですけど…
アバター画像
アバター画像
誓約書を入れてたとしても「内定の辞退」は法律的には「退職」と同じだから、「退職の自由」が法律で認められている以上「内定の自由」も制限されないことになるんだよ。
たいしょくのじゆう?
アバター画像

「内定の辞退」は「退職」と同列に扱われる

アバター画像
そう、退職の自由。日本では正社員として採用を受けた場合は”終身雇用”として雇用されるのが通常だから労働契約(雇用契約)の形態としては「無期労働契約(※期間の定めのない雇用契約)」と判断されるんだけど、この「無期労働契約(期間の定めのない雇用契約)」の場合には「いつでも解約の申入れ」…つまり「いつでも退職の意思表示をすること」が法律で認められている(民法第627条1項)。これが「退職の自由」が認められてるってことだよ。

民法第627条1項

1項 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

でも、私の場合は「内定を辞退」したいだけで会社を「退職」するわけじゃないから、その「退職の自由」は関係ないんじゃないですか?
アバター画像
アバター画像
いや、過去の判例では会社から「内定」が出された時点で会社との間に有効に労働契約(雇用契約)が成立するって判断されてて、たとえ「入社予定日」が到来していなくても会社から「内定」を受けた時点でその会社の労働者となるから、法律上は「内定を辞退」する場合も「退職」と同列に扱われることになるんだよ。
えぇー!そーなんですか!?
アバター画像
アバター画像
うん…って何でそんなに驚くの?この点は前にも説明したはずなんだけど…
えっ?そーでしたっけ?ちょっと待ってくださいよ、確かスマホに記録しといたはずなんだけど…
アバター画像
アバター画像
…ってそれ肉球じゃねーかよ!!
え?ネコ界隈では肉球でインターネッコに接続できるんですよ。トルティーヤ先生、猿のくせに知らなかったんですね?
アバター画像
あ~このページか…ほんとだ!詳しく説明してもらってましたね!
アバター画像

▶ 内定の辞退を認めてもらえない場合の対処法

誓約書によって「退職の自由(内定辞退の自由)」を制限することはできない

でもトルティーヤ先生、「内定の辞退」が「退職」と同列に扱われて民法第627条1項の規定にしたがって「いつでも内定の辞退を申し入れることができる」と考えられることはわかるんですけど、私の場合は「内定を辞退しません」っていう誓約書にサインして差し入れてしまってるんですよ?
アバター画像
「内定を辞退しません」っていう誓約書を差し入れてるってことは、内定を辞退する自由も放棄しているっていうことにはならないんですか?
アバター画像
アバター画像
そうはならないよ。だって労働基準法では「強制労働の禁止」が明確に定められているんだけど(労働基準法第5条)、仮に会社が内定者に誓約書を差し入れさせることで「内定を辞退する自由」を放棄させられると考えると、この「強制労働の禁止」を規定した労働基準法第5条の規定が有名無実化されて、会社側で自由に労働者を強制的に働かせることができちゃうことになっちゃうでしょ?

労働基準法第5条

使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。

アバター画像
それに、仮にその誓約書の有効性が裁判所で争われたとしても、憲法で「奴隷的拘束」や「意に反する苦役」が明確に禁止されている以上、裁判所がその誓約書の効力を有効と判断して会社側の主張を認めることはありえないと考えられるからね。

 【日本国憲法第18条

何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

なるほど~…。会社に指示されて「内定の辞退はしません」っていう誓約書を差し入れていたとしても「退職の自由」っていう大原則がある限り、「内定の辞退」も自由に行えるっていうことになるんですね。
アバター画像

会社が内定の辞退を認めない場合は内定の辞退申入書を内容証明で郵送し2週間経過するのを待つほかない

…でもトルティーヤ先生、会社が内定の辞退を認めていない場合はどうしたらいいんですか?法律的には「退職の自由」が認められる以上「内定の辞退」も自由だってことになっても現実的に会社から内定の辞退を拒否されてる場合はどう対処したらいいんでしょう?
アバター画像
アバター画像
そういう場合は「内定の辞退申入書」を作成して会社に郵送し、2週間が経過するのを待つしかないよね。
2週間待つの?
アバター画像
アバター画像
そう。さっきも言ったように、正社員の労働契約は通常「期間の定めのない労働契約(雇用契約)」と判断されることになるんだけど、雇用契約に期間が定められていない場合は退職届(退職願)が会社に到達してから2週間が経過した時点で確定的に退職の効果が生じることになるから、「内定の辞退」が「退職」と同列に扱われる以上、「内定の辞退申入書」が会社に到達して2週間が経過すれば「内定の辞退」の効果が確定的に生じることになるんだよ。

民法第627条1項

1項 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

なるほどねー…
アバター画像
アバター画像
ただ、まにゃったんのケースのように会社側が内定の辞退を認めないと明確に主張している場合は後でトラブルに発展することもあるから、内定の辞退申入書を間違いなく提出したっていう証拠を残しておく意味でも内容証明郵便で郵送しておく方がいいかもしれないね。
ないよーしょーめい…?
アバター画像
アバター画像
そう、内容証明。内容証明郵便は郵便局を利用した文書の発送手段のこと。全く同じ内容の文書をあらかじめ3通作成してその3通を郵便局に持って行って「内容証明で送ってください」ってお願いするんだ。そうするとその3通全てに郵便局の証明印が押されてそのうち1通が郵便局に保管されて、もう1通が相手方に郵送されることになるんだ。残りの1通は本人の保管用として返してもらえるよ。こうすることで仮にその文書の受取人が「そんな文書受け取ってない!」って主張したとしても郵便局に全く同一の文書が保管されてるから、郵便局が「いや、確かにその文書は郵送してますよ」ということを証明してくれることになる。
アバター画像
だから、「内定の辞退申入書」を内容証明郵便で会社に郵送しておけば、あとで会社が「内定の辞退申入書なんか受け取ってない!」とか主張してきたとしても郵便局が郵送したことを証明してくれるからトラブルに巻き込まれるリスクを最小限に抑えることができるんだ。
へー…そーなんだ…
アバター画像
アバター画像
…そうなんだって…これ前にも説明してるはずなんだけど…まぁいいか…。ちなみに、内定辞退申入書の書き方は君の後輩の…なんて言ったっけあの…ほら、やたらとフライパンを曲げたがる…
フライパン…?あー『ひにゃこ』のことですか?
アバター画像
アバター画像
そうかな…?あのやたらテンションの高いフライパン女猫にこの前教えといたから書き方がわからないときはその『ひにゃこ』に聞いてみるといいよ。

▶ 「内定の辞退申入書」の書き方(内容証明)

はーい!あとできいとく!
アバター画像
アバター画像
…でもなんでその『ひにゃこ』は君の後輩なのに同じ時期に就職活動してるの?
あ、わたし親の都合で1年間休学してたんですよ。だから後輩のひにゃこと今一緒に就職活動してるんです。
アバター画像
アバター画像
ふーんそうなんだ。まぁどーでもいいけど。…で、もういいかな?理解できたでしょ……ってウキキィ?
アバター画像
やべっ!もうこんな時間かよ…、今日、引き寄せの法則のセミナーあんだよね…悪いけどこの辺で帰らしてもらうよ!じゃネコさんまたねっ!!
引き寄せの法則って…?トルティーヤ先生ー!!
アバター画像
広告

私のために誰かのためにシェアする

別れ際、ついでにフォローする

トップへ戻る