内々定は内定と何がどう違う?内々定は取り消し自由?

私のために誰かのためにシェアする

あれ~…トルティーヤ先生のおうちってこのあたりのはずなんだけどな~…あれ~…
アバター画像
アバター画像
あ~なんか眠れねーな―…眠れねー夜はサンライズ食いたくなってくんなー…あー…サンライズ食いてーなー…
あっ!あれっ?…あの~トルティーヤ先生ですか?
アバター画像
アバター画像
あ~?…だれだ~…こんな夜遅くに~…
トルティーヤ先生こんばんは。わたし『ひめにゃん』っていいます。あの~…今日が初めましてなんで、とりあえず「びーむ」出しておきますね。いいですか~?いきますよ~?ひめにゃ~んび~…
アバター画像
アバター画像
…ちょ、ちょっと待ってくれる?…お前いきなり来て何やろうとしてんの?…今何時か分かってるよね?…
あっ…ごめんなさい…びーむいらなかったですか?…でもそれは事前に言って欲しかったです…
アバター画像
アバター画像
なんで先に言えるんだよ…お前今日が初対面だろ…
いや…いいんですよ私は別に…トルティーヤ先生からびーむ必要ないって言われても全然構わなかったんですよ…ただ…一言報告が欲しかったんです…
アバター画像
アバター画像
報告ってなんだよ…なんで初対面のお前に「ビームいりません」って事前報告できんだよ…
まぁいいです…わだかまりが残っても温泉に浸かればリベンジできちゃいますし…
アバター画像
そんなことよりトルティーヤ先生…「内々定」って「内定」と何がどう違うんですか?昨日、就職希望先の会社から「内々定」を貰ったんですけど「内定」との違いが分かんなくって…。
アバター画像
アバター画像
なんで夜中にそんなこと教えなきゃいけないんだよ…しかも初対面のネコのために…だいたいリベンジってなんだよ…
でも『まにゃったん』にはいろいろ教えてあげてるじゃないですか?なんで私には教えてくれないんですか?
アバター画像
…もしかして『まにゃったん』に「ずっきゅん」されたからですか?…「びーむ」より「ずっきゅん」のほうが好きだってゆーんですかっ!
アバター画像
アバター画像
なんだよ「ずっきゅん」って…お前さっきから何わけわかんねーこと言ってんだよ…
じゃあ…「ネコリンゴパンチ」すればいいんですか?…それとも…一番恥ずかしい「ねこねこハリケーン」やれば教えてくれるってゆーんですかっ!!
アバター画像
アバター画像
だからなんなんだよそのネコリンゴなんちゃらとかなんちゃらハリケーンとか…あ~もううるせーネコだな~教えりゃいいんだろ教えりゃ…
【内定と内々定の違い】
企業が採用活動を行う場合、採用予定者に「内定」を出すのが通常ですが、企業によってはその「内定」を出す前に「内々定」を出す場合があります。
では、この「内定」と「内々定」とは具体的にどのような違いがあるのでしょうか?
また「内定」と「内々定」で法律上の効果に違いはあるのでしょうか?

広告

「内定」と「内々定」の違い

いいから早く教えてくださいっ!!
アバター画像
アバター画像
うるせえな…「内定」っていうのは経団連の就職協定で定められた「採用予定日」が到来した後に企業が卒業予定者に対して「採用の意思表示」をすること。「内々定」っていうのはその経団連の就職協定で定められた「採用予定日」の到来する前に企業側が卒業予定者に対して「採用の意思表示」をすること…でいいんじゃねーかな…
もっとちゃんと教えてくださいっ!!
アバター画像
アバター画像
…まじうるせーな…あのな…まず、その「内定」とか「内々定(内内定)」っていうのは法律で定められた用語じゃないから、その解釈に一定のものがあるわけじゃないんだよ。…ただ企業によっては経団連の就職協定で定められた採用内定日(※2017年度卒業予定者だったら10月1日だな…)が到来する前に内定を出してしまうところもあるから、その就職協定で定められた採用内定日より「前」に出されたか「後」に出されたかで区別する必要がある。だから便宜上、採用内定日より「前」に企業から「採用の意思表示」が出される場合を「内々定」、採用内定日より「後」に企業から「採用の意思表示」が出される場合を「内定」と一般に呼ぶようにしてるんだ。
経団連:採用選考に関する指針→http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/030.html
…でも、そもそも経団連の就職協定で定められた採用内定日が来る前に内々定を出すことが認められるんですか?経団連で決めたんなら守らないといけなくないですか?
アバター画像
アバター画像
まあ、それはそうなんだけど、会社側としては優秀な人材をより多く確保したいと考えるのが普通で他の会社より少しでも多くの学生を囲い込みたいっていう意思が働くから、採用内定日が到来する「前」に卒業予定の学生に「内々定」ってことで”こっそり”「採用の意思表示」を出すことが多いんだよ。
アバター画像
就職協定で定められる「採用予定日」は企業に努力義務として課せられてるから、”大っぴら”に就職協定で定めた採用内定日が到来する「前」に「内定」を出してしまうと後で経団連とか他の会社とか文春砲とかからグチグチ言われて面倒くさいことになるでしょ?
アバター画像
だから、あくまでも”こっそり”「これは内定じゃないですよ、あくまでも内々定ですよ…」ってことにして学生に採用の意思表示を通知する。これがすなわち「内々定」ってこと…わかった?
…う~ん…なんとなくわかったよーな気もするけど…じゃぁ、内々定は”こっそり”出されたもので正式なものじゃないから後で取り消されることもあるってことになるんですか?
アバター画像
アバター画像
いや、たしかに内々定は企業側が”こっそり”出すものだから「あくまでも仮の内定」っていうことも言えるんだけど、法律上はそのケースによっては内々定が内定と同じように扱われて取消が制限される場合もあるんだ。

「内々定」の取消が制限される場合

どーゆーこと?
アバター画像
アバター画像
それはだな、ちょっと難しくなるけど最高裁判所の判例(大日本印刷事件:最高裁昭54.7.20)で「内定」が「入社予定日を就労開始日とする始期付解約権留保付労働契約」と法律上解釈されることと関係して来るんだ。
しきつきかいやくけんりゅーほつき…
アバター画像
アバター画像
そう、始期付きの解約権留保付きの労働契約(雇用契約)」。「始期付きの…労働契約(雇用契約)」っていうのは「内定」によって会社と内定者との間に労働契約(雇用契約)が有効に成立することになるけれども、その成立した労働契約に基づいて「実際に就労を開始する”始期”」が「入社予定日」からになるという意味。
アバター画像
「解約権留保付き」っていうのは、その「入社予定日」が到来するまでの間に内定取消事由が発生した場合には会社側で一方的に内定を取り消す(解約する)ことができる権利が与えられている…という意味になるんだ。
それが内々定の取消と何の関係があるの?
アバター画像
アバター画像
つまり、この最高裁の判例に従えば、会社側が「内定」を出した場合はその「内定」を出した時点で内定者との間に「労働契約(雇用契約)」が有効に発生することになる。そうするとその内定者は「内定」を受けた時点でその会社の社員ということになるから「内定を受けた後」に内定を取り消される場合には「解雇」と同じ扱いを受けることになるんだ。
アバター画像
…で、「解雇」については労働契約法の第16条で「客観的に合理的な理由」と「社会通念上の相当性」がない限り権利の濫用として無効と判断されることになってるから、「内定の取消」も当然、その制限を受けることになる。だから会社は「内定」において「解約権が留保されている」とはいっても、会社側の判断で自由に内定者の内定を取り消してはいけないことになるんだ。
【労働契約法第16条】
解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。
そんなにべらべらしゃべられても理解できませんよ…
アバター画像
広告

私のために誰かのためにシェアする

別れ際、ついでにフォローする

トップへ戻る