上司に無断で残業しても残業代を請求できる?

私のために誰かのためにシェアする

いっけな~い…もうこんな時間だっ!
アバター画像
え?…何をそんなに急いでるのかって?…そりゃ急ぎますよ…だって今日、トルティーヤ先生のところで労働トラブルの相談を受けてもらう予約入れてたんだけど、大学のゼミが長引いちゃって予約を入れた時間をもう46分も過ぎちゃってるんですもん…それに今日は夜からバイトのシフトも入ってるから早めに相談を終わらせないとバイトにも遅刻しちゃいそうだし…
アバター画像
…はい?…いや…別に大した相談ごとがあるわけじゃないんですけどね…残業代のことでちょっと聞きたいことがあるんですよ…実はね、わたし今、秋葉原の制服ショップで店員のバイトをしてるんですけど、店長から「俺に無断でした残業には残業代を支払わないからな!」って言われて、残業代の支給をしてもらえなくなっちゃってるんです。
アバター画像
え?…上司に無断で残業したら残業代もらえないのは当たり前じゃないかって?…いや…でもね、確かに店長に無断で残業をしたのは事実なんだけど、残業しなきゃ処理できないような仕事を押し付けてるのは店長の方なんだし、それに私が残業してるっていうのは日報にも記載して店長にその都度渡してるから、店長の方でも残業を認めてくれてるって思ってたんですよ…それなのに「無断残業には残業代は支払わない」って言いだすなんて、ちょっと納得できないなって思うんですよね…
アバター画像
…だから「無断残業した分の残業代の請求は認められないのか」っていう点の法律的な考え方を知りたいって悩んでたら、先輩の『まにゃったん』さんが「それだったら猿のトルティーヤ先生に聞いたらタダで教えてくれると思うよ」ってアドバイスしてくれたんで、『まにゃったん』さんに相談の予約を入れてもらって今日ここまで相談に来たってわけなんです…
アバター画像
…う~んと…待ち合わせ場所は慶応大学の正門前って言ってたからたぶんここで間違いないはずなんだけど…あっ!…今あそこの木の上に人影…じゃなくて猿影がチラって見えたから多分あれがトルティーヤ先生じゃないかな…?
アバター画像

【無断残業における残業代(時間外手当)請求の可否】

残業(時間外勤務)は、会社や上司からの指示があったり、上司や会社に残業の申請を行ってから行うのが通常です。

しかし、業務上の都合や現場のシチュエーションなどでは、上司の指示や承諾を受けることが困難であったり、会社や上司の承諾を受けないまま、会社や上司に無断で残業をする必要が生じるケースもあるのが実情です。

では、このように会社や上司に無断で残業(時間外勤務)を行った場合、その残業時間にかかる残業代(時間外手当)の請求は認められるのでしょうか?

また、無断残業でも残業代(時間外手当)の請求が認められるとして、会社がその支払いを拒否している場合、具体的にどのような法的手段をとることができるのでしょうか?

広告

プロローグ

アバター画像
あ~…なんか胃もたれすんな~…この「圧倒的な胃もたれ感」…あ~苦しい~…
あの~…圧倒的に胃もたれしてる最中に申し訳ありませんが、もしかしてトルティーヤ先生…
アバター画像
アバター画像
え?そうだけど…ん?もしかして『れにゃち』ちゃんって君のこと?…なんだよも~…遅せ~よ~…何時間待たせんだよ~…予約入れたんなら時間ちゃんと守ってよ~…
ごめんなさいっ!…ゼミがいつもより長引いちゃって…
アバター画像
アバター画像
頼むよ~…俺今日、圧倒的な胃もたれ感でしんどいんだからさ~…で、何?…労働問題で聞きたいことがあるって話らしいけど…
ええ…実はですね、わたし今、秋葉原の制服ショップで店員のバイトで働いてるんですけど、店長から店頭のショールームの展示を任されてて、週に1~2回ぐらいショールームに飾られてる制服のマネキンの着せ替えとかをやったりしてるんですよ…
アバター画像
アバター画像
なるほど…展示用のショウルームの商品展示を任されてるわけね…それで?
…で、そのショールームの商品展示って、開店中はお客さんが居るから、いつも閉店後とか開店前にやってたわけなんですよ…でも、開店前と閉店後の時間って言っても30分ずつしか余裕がないから、結局は私が早番のときは始業時間より1時間ぐらい早く出勤したり、遅番の時は終業時刻から1時間ぐらい居残りしてショールームのディスプレイの飾り付けなんかをやってたんです…
アバター画像
アバター画像
う~んと…実際の始業時間より1時間前に出勤したり、実際の終業時刻より1時間居残ってショウルームの中で展示作業をしてたってこと…?
そーなんですよ…具体的に説明すると、うちのお店って営業時間が午前10時~午後9時になってて、バイトは早番が「午前9時30分~午後4時」で遅番が「午後4時~午後9時30分」のシフトで交代制を採ってるんです。で、開店前と閉店後はそれぞれ30分ずつ時間があるんでその時間帯に開店準備したり閉店後の後片付けをするわけなんですね…
アバター画像
…でも、そうすると結局、ディスプレイの展示作業する時間なんて取れなくなるじゃないですか…だって開店前の30分と閉店後の30分は開店準備とか後片付けとかしなきゃいけないんだから…そーゆーことなんで、早番の時は出勤時刻の午前9時30分より前に出勤して作業するしかないし、遅番のときは閉店後の午後9時30分を回った後に居残って作業するしかないんですよね…
アバター画像
アバター画像
なるほど…だから早番のシフトの時は始業時刻の午前9時30分より1時間程度前に出勤したり、遅番のシフトの時は就業時刻の午後9時30分から1時間程度居残って、ショウルームに出て展示作業をしてたってわけだね…?
ええ…でも、給料日になって給与明細確認したら残業代が全然ついてなくって…それで店長に確認したら、「勤務時間外にショウルームに出ろなんて言ってないだろ!」「始業前と終業後の勤務時間外労働を指示した覚えはないぞ!」「お前の残業は無断残業なんだから残業代が支給されないのは当たり前だろ!」って言い出して、結局今まで一度も残業代を一切払ってもらったことがないんです。
アバター画像
アバター画像
なるほどね…無断残業を理由に残業代の支給を拒否されてるってことね…
そうなんです…でもトルティーヤ先生、早出や残業をしてショールームのディスプレイ作業をしたときはそのことを業務日誌にキチンと記載して店長に報告してるんですよ…「〇時〇分から〇時〇分まで残業(早出)した」って感じで…それでも何も言わないから私てっきり残業代付くもんだと思ってて…
アバター画像
…なのに残業代付けてくれないなんてあまりにもおかしいじゃないですか?…トルティーヤ先生…こういう無断残業のケースって残業代を支払ってもらうことはできないんでしょうか…?
アバター画像
アバター画像
できるよ…
え…?
アバター画像
アバター画像
いや…だから、そういう事情があるんだったら会社に無断で行った時間外労働についての時間外手当も支払ってもらえるよってことだよ…

無断残業であっても会社に「黙示の指示(黙認)」があったと認められる事実がある場合は残業代の請求ができる

うそ?…そうなんですか?…でもどうして……?
アバター画像
アバター画像
それはね今の『れにゃち』ちゃんの話を聞いた感じでは会社側に時間外労働に関する「黙示の指示」があったと認められる事実があるから、たとえ『れにゃち』ちゃんの残業や早出が「無断残業」であったとしても、会社は残業代の支払いを拒否できないって考えられるからなんだ。
「黙示の指示」があったと認められる事実?…なんですかそれ?
アバター画像
アバター画像
まあ、簡単に言うと、労働者が時間外労働をしていることを会社側が認識していた事実がある場合…つまり会社が労働者の時間外労働を「黙認」していたようなケースのことになるかな…
アバター画像
そういった「労働者の無断残業」の事実を会社側が認識していながら残業を見逃しているような場合…つまり黙認しているような場合は、会社が「明示的」には残業を指示していなかったとしても、「黙示的」には残業を指示していたっていうことが言えるでしょ?…だからそういった残業に関する「黙示の指示」があったと認められるような事実がある場合は、会社側が労働者からの残業代の請求を拒否できないっていう風に考えられてるんだよ。
う~ん…でも、なんでそういう風に考えられてるんですか?…なにかそういう結論の根拠となるような法律があるんですか?
アバター画像
アバター画像
いや…こういう結論を導き出す法律があるわけじゃないんだけど、過去に「無断残業における残業代の支払い」の問題が最高裁判所まで争われた事案(大林ファシリティーズ事件:最高裁H19.10.19)があって、その判例でそういう結論が判示されてるんだよね。

最高裁の判例→大林ファシリティーズ事件:最高裁H19.10.19

アバター画像
この裁判は社員寮で管理人の仕事をしてた労働者が契約で定められた勤務時間ではない時間帯に社員寮の仕事をしたことについて時間外手当を請求した事案なんだけどね、このケースでは社員寮の勤務マニュアルで「入居者や来訪者があったときは勤務時間外でも臨機応変に対応すること」が明確に定められていていたうえに、管理人をしてた労働者が管理日報に勤務時間外の仕事の状況を記載して会社の方に定期的に報告していた事実があったんだ。
アバター画像
それなのに会社側は「無断残業には残業代は支払わない!」って主張してたわけなんだけど、「マニュアルに「勤務時間外でも臨機応変に対応しなければならない」って書いてあったとしたら労働者としては「勤務時間外でも仕事が入れば働かなきゃいけない」って考えるのが普通だから、会社が実際に「残業の指示を出していなかった」としても「残業を黙示的に指示していた」ってことが言えるでしょ?
そうですね…マニュアルに「勤務時間外でも臨機応変に対応しろ」って書かれてあったら勤務時間外に社員寮の入居者とか来訪者があったらそれを無視するわけにはいかないから、勤務時間外でも社員寮に待機しとかなきゃいけなくなりますもんね…
アバター画像
アバター画像
そうだよね…それにこのケースでは「管理日報に残業したことを記載して会社の方に定期的に報告していた」っていう事実があったんだから、会社側としてはその管理人の労働者が「勤務時間外に社員寮の仕事をしている」っていうことを認識していたってことになるでしょ?…そしてそれに関して特に注意したり勤務時間外の対応についてマニュアルを改善するとかの対処も一切しなかったのであれば、勤務時間外の労働を「黙認していた」ってことが言えるよね?
う~ん…そうですね…管理日報に残業したことを記載して逐一会社に報告しても会社から何も言われなかったとしたら会社側も残業を「黙認してた」ってことになるのは当然ですよね…
アバター画像
アバター画像
そうなんだ。こういう事実があったことがこの裁判では認定されて、会社側に労働者の残業(時間外労働)について「黙示の指示があった」と判断されたんだ。…で、残業に関する「黙示の指示」があったんであれば、それが「黙示」的なものであったとしても会社が時間外労働を指示したことには変わりないんだから、労働者からの残業代請求を拒否することはできない…つまり、労働者からの時間外手当の請求が認められる結果となったんだよ。
なるほど~…会社側が「残業しろ」って指示していなかったり「残業してもいいよ」って認めていなかったとしても、「黙示的に残業を指示していた」ような事実があったり「残業したことを認識していながら放置した」ような事実があった場合は、たとえ無断残業であっても会社に対して「残業代を払え!」って請求することができるってことですね?
アバター画像

休日出勤の場合も同じように考えてよい

アバター画像
そうだね、ざっくり言うとそういうことだね……あ、一応言っておくけど、この考え方は「残業」だけじゃなくて「休日出勤」にも同じようにあてはまるからね。
アバター画像
…ていうか、そもそもさっき説明した最高裁の判例(大林ファシリティーズ事件)は休日出勤の時間外手当が問題になったケースなんだけどね…まあ、とにかく会社が「休日に無断で出勤しても休日手当は支払わないぞ!」って主張してる場合でも、会社側に休日出勤に関して「黙示の指示」があったような場合は会社に対して「休日出勤手当を支払え」って請求することができるんだ。だから「無断残業」でも「無断休日出勤」でも会社側に「黙示の指示」があったと認められる事実がある場合は会社に対して「残業代を払え!」とか「休日出勤手当を支払え!」って請求できるってことなんだ…覚えといて損はないでしょ?

『れにゃち』ちゃんの場合

う~ん…でも、なんで私のケースでもその「黙示の指示」があったってことになるんですか?
アバター画像
アバター画像
だって『れにゃち』ちゃんのバイト先のお店では「お店の開店中」はお客さんがいるからショウルームには入れないわけだよね?…それに開店前と閉店後の30分は開店準備とか後片付けをしなきゃいけないわけでしょ?…で、勤務時間は「午後9時30分から午後9時30分までの間」しかないわけだよね?…ってことは結局、ショウルームに入って展示を入れ替えるためには「残業(又は早出)をするしかない」ってことになるから、「時間外労働をしない限りショウルームの仕事はできない」ってことになるでしょ?
う~ん…そういうことになりますね…
アバター画像
アバター画像
…ってことはさっきの判例で説明した「マニュアルに勤務時間外でも臨機応変に対応しろと書かれていた」ことと同じになるよね?…会社は「時間外労働をしない限りショウルームの仕事はできない」ってことを認識しながら『れにゃち』ちゃんに対して「ショウルーム展示の入れ替えを担当してよ」って指示してるわけなんだから…
あ~…たしかにさっきの最高裁の判例と同じですね…店長だってショールームの展示の入れ替えが勤務時間外にしかやれないことは十分わかってるはずなのに私に「ショールームの飾りつけをしろ」って命令してるわけだから、時間外労働を「黙示的に指示してた」ってことになりますね…
アバター画像
アバター画像
そうだよね…それに『れにゃち』ちゃんは残業とか早朝出勤してショウルームの仕事をしたときはその都度「業務日誌」に記載して店長に報告してるわけでしょ?…そうすると会社としても『れにゃち』ちゃんが時間外労働をしているってことは十分認識していたってことになるし、それに対して特に異議を唱えなかったってことになるよね?だから…
あっ!そうか…だから会社の方としても私が残業とか早出をしてショールームの仕事をしてるってことは認識してたことになるから「残業を黙認してた」ってことになる…だから会社に残業についての「黙示の指示」があったってことになるから、残業代の請求ができるってことになるんだ!
アバター画像
アバター画像
そうだね…そういうことになるね…

無断残業を理由に会社が残業代を支払わない場合の対処法

あの~…でもトルティーヤ先生、私みたいに実際に会社から「無断残業には残業代を払わないぞ!」って言われて残業代の支払いを拒否されてるような場合はどう対処すればいいんですか?…私みたいな素人が「大林ファシリティーズ事件っていう最高裁の判例では…」なんて説明したって会社側が素直に話を聞くとは思えないですもん…
アバター画像
アバター画像
まあ、それはそうかもしれないね…そういうケースでは法的な手続きをとって対処するしかないだろうね…
法的な手続き?…法的な手続きって具体的にどういった手続きがあるんですか?
アバター画像
アバター画像
会社が「無断残業」を理由に残業代を支払ってくれないっていうのは「会社が残業代を支払わない」ってことだから、会社が残業代を支払わない場合の対処法と全く同じになるんだ。
アバター画像
…で、会社が残業代を支払わない場合の法的な対処法としては「労働基準監督署に違法行為の是正申告」をする方法と「労働局に紛争解決援助の申立て」をする方法と「弁護士や司法書士を雇って裁判で請求する方法」の3つの方法が考えられるんだけどね…
「労働基準監督署に違法行為の是正申告」をする方法と「労働局に紛争解決援助の申立て」をする方法と「弁護士や司法書士を雇って裁判で請求する方法」…それで?
アバター画像
アバター画像
…で、この場合の具体的な手続きの利用方法は以前『まにゃったん』に詳しく説明したしたはずだから、あとで『まにゃったん』に聞いてくれないかな…今ここで説明すると長くなっちゃうから面倒くさいんだよね…
え?…『まにゃったん』さんに説明してたんですか?…とすると…ちょっと待ってくださいよ…『まにゃったん』さんはいつも新しく仕入れた知識をインターネッコに保存する習性があるから、ネッコ上におそらくUPしてるはず…
アバター画像
アバター画像
…ってそれ肉球じゃねーかよっ!
え?…ネコ界隈では肉球でインターネッコに接続できるんですよ?…トルティーヤ先生って猿のくせに何にも知らないんですね…え~っと…ちょっと待ってくださいよ…ぴこぴこぴっ…あ、あったあったこのページか…
アバター画像

まにゃったんの相談→未払い残業代の請求に最適な法的手続きとは?

アバター画像
まあ、「無断残業」を理由に会社が残業代を支払わない場合の対処法も単純に会社が残業代を支払わない場合の対処法と同じだから、その肉球…じゃなかったそのページに書かれてある手順で労働基準監督署なり労働局なり弁護士・司法書士なりに相談して解決するしかないんじゃないかな…
う~ん…そういうことか…なになに?…ふむふむ?…ほへ~…
アバター画像

エピローグ

アバター画像
まあ、会社が「無断残業」を理由に残業代とか休日出勤手当を支払ってくれない場合の法律的な考え方と具体的な対処法はこんな感じになるけど…どう?ある程度理解できた?
そうですね…とにかく上司の指示がない「無断残業」をした場合でも、会社側に「黙示の指示」があったと認められる事実があれば、会社に「残業代を払え!」って請求できるってのが法律的な考え方で…会社が支払わないときは労働基準監督署とか労働局とか弁護士・司法書士に依頼して裁判をするとかして解決を図るしかない…ってことですよね?
アバター画像
アバター画像
そうだね…ざっくり言うとそんな感じだね…まあ、とにかく法律的にはそういうことになるから、後は自分でどうしたいか考えて今後取る手続きを決めていくしかないんじゃないかな…まあ、どうしたらいいかわかんなくなったらまたいつでも連絡してくれたらいつでも相談に乗ってあげる……ってウキキィ?
アバター画像
やべっ!もうこんな時間かよっ!…今日、中国語の家庭教師さんが来てくれることになってるんだよね…え?さあ…なんか慶應に通ってる女子大生が中国語講座開いてくれるらしくってさ…なんかやたらと手足が長い美人さんなんだって…まぁ、とにかくそういうことだから俺もう帰るわ…じゃ、ネコさんまたねっ!ウキキッキィー!!
そのやたらと手足が長い慶應の女子大生ってもしかして…?トルティーヤ先生ー!!
アバター画像
広告

私のために誰かのためにシェアする

別れ際、ついでにフォローする

トップへ戻る