退職一覧

未成年者が契約期間の途中でバイトや派遣を辞める裏技

契約期間が定められた雇用契約(有期労働契約)では、契約期間が満了するまでの間は退職が認められないのが原則で「やむを得ない事由」があるか「期間の初日から1年が経過した後」に限って例外的に期間の途中での退職が認められるにすぎません。しかし、未成年者の場合にはそれ以外にも例外的に期間の途中での退職が認められる場合があります。

最低勤務期間が経過する前に退職しても大丈夫?

アルバイトや契約社員を有期雇用契約(期間の定めのある労働契約)で雇い入れる会社では、稀に「最低勤務期間」の定めを設けてその「最低勤務期間」の期間内の退職を制限するケースが見られます。では、このような「最低勤務期間」の期間内に退職することは一切認められないのでしょうか?

退職届を出すと上司に殴られる…どう対処すればいい?

悪質なブラック企業では会社に退職届(退職願)を提出すると会社の上司や役員などから暴行などを受けてしまうことから退職届(退職願)の提出が事実上妨害されるケースが見られます。このように暴行や脅迫などの手段によって退職が制限されている場合、具体的にどのように対処すればよいのでしょうか?

退職したら損害賠償請求するぞ、と言われたら辞めれない?

会社に退職届(退職願)を提出した場合、会社から「今辞めたら損害賠償請求するぞ!」と脅されるケースがあるようです。会社の主張としては退職することで人員が減少するためそれによって生じる損害を退職者に負担させるということのようですが、そのような会社の損害賠償請求が認められることがあるのでしょうか?

退職届・退職願は〇か月前までに出せと言われたら?

会社によっては就業規則で「退職届(退職願)は退職日の6カ月以上前に提出しなければならない」と定めている場合がありますが、このような会社では就業規則に従って6か月以上前に退職届(退職願)を提出することが必要になるのでしょうか?民法では退職日の2週間前に提出すれば良いと規定されているため問題となります。

トップへ戻る