会社都合による休業一覧

会社都合の休業で「休業手当」が支給?…それ違法かも!

会社の都合で休業する場合に、休業期間中の「休業手当」として賃金の60%程度の手当しか支払わない会社があります。しかし、これはケースによっては違法な場合もあります。なぜなら「会社都合の休業」の場合には会社は労働者に対してその休業期間中の「賃金の全額」を支払わなければならないのが原則的な考え方となっているからです。

会社都合じゃない休業でも休業手当を支払ってもらえる?

「原材料の不足」や「行政官庁からの営業停止処分」など、会社に直接的な原因がない理由で休業する場合、休業期間中の休業手当を支払ってもらうことはできるのでしょうか?会社に直接的な原因がない「外部要因による休業」の場合には休業手当を支払わないと定めている会社もあることから問題となります。

会社都合の休業で6割の賃金しか支給されない場合の対処法

会社の都合で休業が発生した場合において、会社から「休業期間中の賃金は60%しか支払わない」といわれた場合、それを受け入れないといけないのでしょうか?それとも休業期間中の賃金の全額を支払うよう求めることができるのでしょうか?

トップへ戻る