バイト・契約社員一覧

有期労働契約から無期労働契約への転換申し込みの方法と手順

アルバイトやパート、契約社員など有期労働契約の非正規労働者として働いている場合であっても、通算して5年以上有期労働契約が更新されている場合は会社に対して「無期労働契約への転換」を申し込むことによって契約期間の定めのない「正規労働者」として働くことが可能となります。その場合の具体的な手順とは?

未成年者が契約期間の途中でバイトや派遣を辞める裏技

契約期間が定められた雇用契約(有期労働契約)では、契約期間が満了するまでの間は退職が認められないのが原則で「やむを得ない事由」があるか「期間の初日から1年が経過した後」に限って例外的に期間の途中での退職が認められるにすぎません。しかし、未成年者の場合にはそれ以外にも例外的に期間の途中での退職が認められる場合があります。

最低勤務期間が経過する前に退職しても大丈夫?

アルバイトや契約社員を有期雇用契約(期間の定めのある労働契約)で雇い入れる会社では、稀に「最低勤務期間」の定めを設けてその「最低勤務期間」の期間内の退職を制限するケースが見られます。では、このような「最低勤務期間」の期間内に退職することは一切認められないのでしょうか?

バイトで会社が身元保証人の署名と印鑑を求める意図は?

面接で採用を受けた際、雇用契約書や誓約書に「身元保証人」の署名と印鑑を求められるケースが稀にあります。正社員よりもアルバイトの面接で比較的多くみられるようですが、このように雇い主が「身元保証人」を要求する意図はどこにあるのでしょうか?親などに身元保証人になってもらった場合、後で不利益を受けることがあるのでしょうか?

有期契約のバイト・契約社員が雇止めされたときの対処法

アルバイトやパート、契約社員などに代表される「期間の定めのある雇用契約(有期労働契約)」の契約が更新されずに雇止めされてしまった場合、会社を辞めなければならないのでしょうか?雇止めの無効を主張してその後も継続して働くことはできないのでしょうか?

トップへ戻る