入社前研修(内定者研修)への出席を強制させられた場合の対処法

私のために誰かのためにシェアする

…こんにちは…『まにゃったん』です…まにゃったんは今、とても元気がないのです…
アバター画像
だって…内定先の入社前研修に無理やり出席させられてるんだもん…
アバター画像
もちろん最初は行く気なかったの。卒論だってまだ書き上げてないし、バイトだって行かなきゃだし…
アバター画像
でもね、担当の人が「研修に出ないんだったら内定の取消もやむを得ないかもしれませんね」って脅すんだもん…欠席するわけいかないじゃない?
アバター画像
あ~ぁ、来週も月曜から金曜までびっしり研修入ってるし…どうしたらいいんだろ…
アバター画像

【入社前研修(内定者研修)への出席を強制させられる問題】

「内定」は法律上「始期付解除条件付労働契約(雇用契約)」と解釈されますが、労働契約(雇用契約)の始期となる入社予定日が到来していない限り会社が内定者に対して入社前研修(内定者研修)への出席を命令する労働契約(雇用契約)上の根拠はありませんから、会社が実施する入社前研修(内定者研修)への出席は内定者の自由であって「研修に出席しろ」と強制されるいわれはありません。

内定者研修(入社前研修)は欠席しても大丈夫?

しかし、労働法を遵守していない会社やブラック企業ではそのような法律上の解釈など関係なしに、欠席を希望する内定者に内定の取消をチラつかせ半ば強引に入社前研修(内定者研修)への出席を強制させるケースが見られます。

このように事実上入社前研修(内定者研修)への出席を強制されている場合、具体的にどのような対処をとればよいのでしょうか?

広告

入社前研修(内定者研修)への出席を強制させられた場合の4つの対処法

アバター画像
おやおやネコさん、どうしたんだい?浮かない顔して…
あっ!トルティーヤ先生!
アバター画像
アバター画像
ハイそうです。わたしがチンパンジーのトルティーヤです。
トルティーヤ先生聞いてくださいよ。あのね、内定先の会社から入社前研修に強制的に出席させられて困ってるんです。「欠席するなら内定を取り消すぞ」って言われて…。でも卒論だってまだ書き終わってないし、バイトだって行かなきゃだし…どうしたらいいんでしょう?
アバター画像
アバター画像
そっか~そりゃぁ大変だね~。…で、まにゃったんはどうしたいの?
どうしたいかって言われても…
アバター画像
アバター画像
ハッキリ言うけど、対処方法は4つしかないよ。
4つ?
アバター画像
アバター画像
そう4つ。1つ目はこのまま何もせずただ会社の指示するとおり内定者研修に出席する。2つ目は入社前研修(内定者研修)には出席するけどその代わりに研修に出席した分だけの賃金を会社に支払ってもらう。3つ目は内定者研修への出席を断固として拒否するけど会社から内定を取り消されたら「内定取消の無効(ないし取消)」を求めて徹底的に争う。最後の4つ目は…そんな会社の内定はさっさと辞退して他のまともな会社を探す。この4つしか方法はないと思うよ。

(1)会社の指示どおり入社前研修に出席しつづける場合

会社の言うとおりに入社前研修に出席し続けた場合はどうなるんですか?
アバター画像
アバター画像
どうもならないよ。ただ我慢して会社の指示するとおりに入社前研修(内定者研修)に出席し続けて来年の4月になったらそのままその会社に入社するしかないよね。卒論は研修がない日にまとめてやるしかないし、バイトは…休むかシフトを変えてもらうしかないんじゃないかな?
そんなの無理ですよ!こんなに毎日研修されたんじゃ卒論書いてる暇もないし…バイトだってこれ以上シフト変わってもらったら他のネコに迷惑かかってクビになっちゃうかもしれないですもん。クビになったら家賃払えないよ~…
アバター画像

(2)研修には出席するが研修期間中の賃金を請求する場合

2つ目の研修期間中の賃金を支払ってもらうっていうのはどういうこと?
アバター画像
アバター画像
前にも話したけど、「内定」の法的性質は「始期付きの解約権留保付きの労働契約(雇用契約)」と解釈されるから、労働契約(雇用契約)の「始期」となる「入社予定日」が到来するまでは会社が内定者に「〇〇しろ」と命令する根拠は存在しないことになるんだ。覚えてるかな?
う~ん…ちょっと待ってくださいね…スマホに保存しといたはずなんだけど…
アバター画像
アバター画像
…ってそれ肉球じゃん!?
え?ネコ界隈では肉球でインターネッコに接続できるんですよ。トルティーヤ先生、猿のくせに知らなかったんですね?え~と…あ~このページか…
アバター画像

▶ 内定者研修(入社前研修)は欠席しても大丈夫?

アバター画像
猿じゃなくてチンパンジーね…
思い出した…たしか「会社が労働者に対して研修を命じる権利」も労働契約(雇用契約)の延長線上で認められることになるから「始期付…」の労働契約(雇用契約)となる「採用内定」ではその労働契約(雇用契約)の開始日となる「入社予定日」が到来していない限り会社が内定者に対して「研修に出席しろ」って命令すること自体できない…っていうような話でしたよね?
アバター画像
アバター画像
そう。「内定」が出されても「入社予定日」が到来するまでは会社が内定者に対して入社前研修(内定者研修)への出席を強制することができる労働契約(雇用契約)上の根拠は存在しないことになる。
…で?
アバター画像
アバター画像
…で、労働契約(雇用契約)上の根拠がないにもかかわらず、会社は内定者に対して「研修に出席しろ」って命令してるんだよね。そしてその命令を受けた内定者、つまり『まにゃったん』もその命令に従って研修に出席しているっていう状態になってる。
うん…
アバター画像
アバター画像
だったら、それはもう内定先の会社と『まにゃったん』の間に何らかの「雇用関係」が発生していると判断できるから、内定先の会社に対してその研修に出席している期間中の賃金の支払いを請求できるっていう理屈が成り立つことになるんだよ。
え~わかんない。どーゆーこと?
アバター画像
アバター画像
ちょっと難しいかな?この点についてはまた別の機会に詳しく説明するつもりだけど、簡単にいうと、「使用者(会社)」が「労働者」を「指揮命令下」に置いている時間については「使用者(会社)」が「労働者」に賃金を支払わなければならない義務が発生することになるんだ。
なんでそうなるの…?
アバター画像
アバター画像
労働者が「労働した時間」については会社が賃金を支払わないといけないのはわかるよね?
それはわかります。その時間ちゃんと働いてるのにお給料を貰えないってなったらそれは「労働」じゃなくてボランティアになっちゃいますもんね?
アバター画像
アバター画像
そうだね。で、この「労働時間」が具体的にどこまで含まれるのか、つまり本来の業務と関係ない作業の準備時間や後片付けなどの時間が「労働時間」に含まれるかについては判断に争いがあったんだけど、その点を明確に判断した最高裁の判例が出されてるんだ。

最高裁の判例→三菱重工業長崎造船所事件:最高裁平12.3.9

アバター画像
…で、この最高裁の判例では「始業時刻前後の作業服等の着脱」や「始業時刻前の資材の受出し」そのほか「始業前の散水」など本来の業務に直接関係ないものであっても、会社側からの「指揮命令」があった場合には、それらの準備時間等は全て「労働時間」に含まれることになる賃金を支払う義務があると判断されてるんだよ。
…うんうん。それで?
アバター画像
アバター画像
…で、入社前研修(内定者研修)に話を戻すと、会社から「研修に出ろ」と命令されて入社前研修(内定者研修)に出席して研修を受けているということは、「会社の指揮命令」があったうえでその「指揮命令」に従って研修を受けているということになるよね?
そうなりますね。
アバター画像
アバター画像
そうであれば、最高裁の判例が言っているように「会社の指揮命令下」にある時間は全て「労働時間」として会社に賃金を支払う義務が生じることになるんだから当然、内定者研修に出席している時間についても内定先の会社は賃金を支払わなければならないことになる…という理屈が成り立つことになるんだよ。
なるほど!内定先の会社が「研修に出席しろ!」って指示している事実があって、「その指示に従って内定者が研修に出席している」という状況があることによって「内定者が会社の指揮命令下に置かれている」という状態になる。
アバター画像
そうすると「研修を受けている時間」は「労働時間」といえることになるから、その研修に出席させられた内定者は会社に対して「研修期間中の賃金を支払え!」って請求できることになるんですね?
アバター画像
アバター画像
そう。なんとなくわかってくれたかな?
なんとなくわかったような気がします。
アバター画像
でも、具体的にいくら会社に請求できるんですか?研修を受けている期間の時給はどうやって計算するんですか?
アバター画像
広告

私のために誰かのためにシェアする

別れ際、ついでにフォローする

トップへ戻る