未払い賃金の請求に必要となる証拠とは?

私のために誰かのためにシェアする

皆さんこんにちは。『まにゃったん』です。
アバター画像
私は今、トルティーヤ先生のおうちの近くに来ています。実は46分ほど前にも勤務先の会社が給料を支払ってくれないっていう件でトルティーヤ先生に相談しに来てたんですけど、未払い分の給料を請求する場合に必要になる証拠にはどんなものがあるかっていう話に入ろうとしたところで突然トルティーヤ先生がハヤシライスを食べに行くって走り去って行っちゃって…
アバター画像

さっきの話→給料の未払いがあった場合の具体的な請求方法とは?

…で、もうそろそろハヤシライスも食べ終わったころだと思うんで、さっきの話の続きを聞きに来たんです…トルティーヤ先生もう帰ってきてるかな~…
アバター画像

【未払い賃金の請求を行う場合に収集しておくべき証拠とは?】

会社が給料を支払ってくれない場合には会社に対して「未払い分の賃金を支払え」と請求することが法的に認められています。

未払い賃金の請求には「裁判所の裁判」や「労働局の紛争解決援助の申し立て」などいくつかの方法がありますが、実際に「賃金の未払いがあった」ということを証拠によって証明できなければ裁判や労働局の手続きを有利に進めることはできません。

では、未払い賃金の請求を行う場合に必要となる証拠には具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

広告

プロローグ

トルティーヤ先生ー…トルティーヤ先生いますか~…?
アバター画像
アバター画像
ん?…なんだ?…また来たの…?
ハヤシライス食べ終わりました?…
アバター画像
アバター画像
ハヤシライス?…あ~…ハイライのことね…ハイライなら今食ってきたとこだけど…で、なんか用…?
…なんか用って…。さっきまで給料の未払いの件で相談に乗ってもらってたじゃないですか、覚えてないんですか?…さっきは未払い賃金を請求するときに必要になる証拠にはどういうものがあるかっていう点を説明してもらうとこで中断してたから、続きを教え貰おうと思ってきたんですけど…
アバター画像
アバター画像
え?…そうだったっけ…?…
そーですよ…で、未払い賃金の請求を行う場合に必要になる証拠ってどういうものがあるんですか…?
アバター画像

未払い賃金の請求になぜ証拠が必要となるか?

アバター画像
…未払い賃金を請求するときに必要になる証拠ね……えーっと…その前にだね…そもそも何で未払い賃金の請求をするときに証拠が必要になるかわかるかな…?
なんで証拠が必要になるか?…う~ん…なんでだろ…
アバター画像
アバター画像
給料が未払い状態になっているときの対処法はさっき説明したとおり「労働局に紛争解決援助の申立を行う」「ADRを利用する」「弁護士や司法書士に依頼して裁判をする」「労働基準監督署に違法行為の是正申告を行う」の4つの方法があるわけだけど…

さっきの説明→給料の未払いがあった場合の具体的な請求方法とは?

アバター画像
…いずれの方法を取るにしても「本当に給料の未払い状態が発生しているのか」っていう点は当事者ではない労働局や弁護士・司法書士、裁判所や労働基準監督署には分からないはずだよね。
まあ、そーでしょうね…その人たちが全国の会社で働いてる従業員の通帳を毎月チェックして給料が振り込まれたか確認してるわけじゃないでしょうから…
アバター画像
アバター画像
そうだよね…特に労働局とか裁判所の裁判官とか労働基準監督署の監督官なんかは「本当に給料の未払いがあったかなかったかわからない」中立的な状態で「未払い賃金を支払え」って請求する訴えを解決しないといけないわけだから「給料が未払いになっている」っていうような証拠がないとどうにも判断できないことになる。だから未払い賃金の請求には「給料が未払いになっている」っていう証拠が必要になってくるんだ。
ふむふむ…労働局とか弁護士とか裁判所とか労働基準監督署とかには「給料が未払いになっている」っていうのが真実かどうかわからないからそれを証明するために「給料が未払いになっている」っていう証拠が必要になるってことか…ふむふむ…
アバター画像

労働局や労働基準監督署の手続きでは必ずしも証拠の提出は必要ない

アバター画像
ただね、勘違いしてもらいたくないのは、手続き上でその「給料が未払いになっている」っていう証拠が必ず必要になるのはあくまでも弁護士や司法書士に依頼して「裁判」をする場合だけの話であって、「労働局の紛争解決援助の申し立て」とか「労働基準監督署への違法行為の是正申告」をする場合は必ずしも証拠が必要ってわけじゃないってことなんだ。
え?…労働局に「紛争解決援助の申立」をしたり労働基準監督署に「違法行為の是正申告」をする場合は証拠がなくても手続きを進められるの?
アバター画像
アバター画像
うん。労働局の紛争解決援助の申立とか労働基準監督署の違法行為の是正申告とかの手続きを行うのに自分の主張を証明する証拠の提出は必須ではないんだ。だから別に証拠をそろえなくても労働局とか監督署の手続きを進めることは可能なんだよ。
へ~…そうなんだ…
アバター画像
アバター画像
特に、労働基準監督署の違法行為の是正申告なんかは証拠を探して会社の違法行為を追及すること自体が監督署の監督官の仕事になるから、賃金が未払いになってるっていう証拠がなくても監督署に調査や臨検をしてもらうように促すのは可能といえるんだよね。
な~んだ…じゃ、別に証拠なんか集めなくたって労働局に「紛争解決援助の申立」をしたり労働基準監督署に「違法行為の是正申告」をするのは簡単ですね。
アバター画像
アバター画像
そうだね。ただ労働局とか労働基準監督署に申立てをする場合も証拠があるのと無いのとでは、労働局や監督署の職員の対応も異なってくる場合があるから、証拠が無いよりはあった方がいいし、揃えられる証拠は揃えたうえで労働局とか労働基準監督署に相談に行く方が手続きはスムーズに進むと思うけどね。
そっか~…労働局とか労働基準監督署に未払い賃金の相談をする場合は証拠の提出は必ずしも必要ではないけど、無いよりはあった方がいいからできるだけ証拠をそろえる努力はしておいた方がいいってことか…
アバター画像
アバター画像
ただ、未払い賃金の請求に証拠が必要って説明すると、どうしても「未払い賃金を請求するには証拠がなくちゃダメなんだ」って短絡的に理解してしまう人も多いから、労働局に「紛争解決援助の申立」をしたり労働基準監督署に「違法行為の是正申告」をする場合には別に証拠なんかなくたって構わないんだよってことだけは誤解しないようにしてほしいんだよね。

未払い賃金の請求に必要となる証拠の具体例

アバター画像
…ってことで、前置きはこれぐらいにしてそろそろ本題に入るけど、未払い賃金を請求する場合に必要になる証拠としては、「自分が本当に働いていること」を示す証拠と、「その働いた期間の賃金を貰っていない」ことを示す証拠と、「貰っていない賃金の金額がいくらになるか」を示す証拠の3種類に分けられるから、それぞれ別個に説明していくことにするね。

(1)「自分が本当に働いていること」を示す証拠とは?

アバター画像
まず最初の「自分が本当に働いていること」を示す証拠っていうのは、例えばタイムカードが一番わかりやすいかな…
タイムカード…でもなんで給料の未払い分を請求するのにタイムカードが必要になるの…?
アバター画像
アバター画像
それはね、悪質な会社によっては未払いの給料を請求した際に「その期間は仕事休んでたでしょ?仕事を休んだから給料を支払ってないだけで給料が未払いになってるわけじゃないでしょ」って言って「給料を支払わないのはその期間働いていないからだ」っていう嘘を基にした反論をするケースがあるからなんだ。
会社がそーゆー嘘の事実をでっち上げて反論してきたときに「本当にその給料が未払いになってる期間は働いていたんですよ」っていうことを証明するためにタイムカードが必要になるってことか…
アバター画像
アバター画像
ただ、もちろんタイムカードの原本を社外に持ち出すことはできないから、実際に証拠として使用する場合はコピーを取ったりスマホで撮影したりしてプリントアウトしたものを提出することになるだろうけどね。
なるほど…じゃ、タイムカードがない会社の場合はどうすればいいんですか…?
アバター画像
アバター画像
タイムカードがない会社だと、たとえば電子的なカードなんかで出退勤記録を付けてるような会社だったらパソコン上に表示される出退勤記録の一覧表をプリントアウトしたりスマホで撮影した画像をプリントアウトしたものが「自分が本当に働いていること」を示す証拠になるだろうし、そういう記録自体がない会社の場合は自分でメモ帳なんかに何時に出勤して何時に退社したっていうのを毎日記録しておくしかないんじゃないかな…(※注1)
自分でメモ帳に記録したやつでも証拠になるんですか?
アバター画像
アバター画像
もちろん証拠にはなるよ…ただ「自分でメモ帳に記録した証拠」は改ざんしようとすればいくらでも改ざんできるから「タイムカードとか会社のPCに出力されたもの」と比較すると証拠としての価値は下がってしまうけどね…でも証拠が全くないよりはあった方がいいわけだから、会社が従業員の出退勤記録を保管していないようなケースであればメモ帳とかに毎日記録することも無駄にはならないと思うよ。

【注1:会社は労働者の勤務時間を正確に把握すべき義務がある点について】

厚生労働省の通達(平13.4.6基発339号通達)では「使用者が労働者の労働日ごとの始業・終業時刻を把握すべきこと」、具体的には「タイムカード・IDカード等客観的な手段」を用いて出退勤記録を保管することが使用者に対して義務付けられていますので、従業員を雇い入れている会社や個人事業主が従業員の出退勤記録を一切保管していないということは常識的には考えられません。

しかし、ブラック企業など一部の雇用主では厚生労働省の通達など無視して従業員の出退勤記録を保管していないところもありますので、そのような会社等で賃金が未払いになっている場合は自分自身で記録した出退勤記録を「自分が本当に働いていること」を示す証拠として提出することになろうかと思われます。

(2)「その期間の賃金を貰っていない」ことを示す証拠とは?

アバター画像
…んで、次が「その働いた期間の賃金を貰っていない」ことを示す証拠になるんだけど、「ある事実が存在しないこと」を証明することは事実上不可能で「悪魔の証明」って言われてるから「受け取るべき給料を受け取っていない」って言う事実を証明する証拠を確保する必要は本来はないんだ。
な~んだ…じゃ、その「その働いた期間の賃金を貰っていない」ことを示す証拠は別にいらないって考えていいんですね…
アバター画像
アバター画像
そうだね。未払い賃金の請求が裁判で争われる場合は裁判所が会社に「給料を支払ったのなら支払ったという証拠を提出しなさい」っていうように会社に求めるのが普通だから、労働者の側で「給料を受け取っていない証拠」を確保する必要性はないともいえるんだけど…でも、たとえば給料を銀行振り込みで受け取ってるような場合はその給料が未払いになっている期間だけ通帳の記帳欄に会社からの給与の送金が印字されていないことになるだろうから、そういうケースでは通帳の原本とか通帳をコピーした物を用意しておくぐらいはしておいた方がいいかもしれないね。

(3)「未払い賃金の金額がいくらになるか」を示す証拠とは?

アバター画像
最後は未払いになっている給料が合計でいくらになるかって言うのを証明するための証拠になるんだけど…裁判で未払い賃金を請求する場合は「その金額が全体でいくらになるのか」という点を証拠を添えて計算する必要があるから、その未払い賃金がいくらになるかっていう点を計算するための資料的なものが必要になるだろうね。
たとえばどういったものが必要になるんですか?
アバター画像
アバター画像
例えば、入社するときに受け取った給料の金額が記載されている労働契約書(雇用契約書)とか、従業員の賃金とか残業代の計算方法が記されてる就業規則(コピーでもいいよ…)なんかが必要になるかな…そういった資料がないと、実際に未払いになっている給料がいくらになるかって言うのが客観的に計算できないからね…
契約書か~…何か前貰ったような気もするけど…もう捨てちゃったんじゃないかな…
アバター画像
アバター画像
まぁ、残業がなくて給料が毎月同じ金額の場合であれば未払いになる前に受け取ってた給与明細書とかでもいいと思うけど…
給与明細書なら引き出しの奥を探せば出てくるんじゃないかな~…
アバター画像

エピローグ

アバター画像
まあ、未払いになってる給料の支払いを求める際に必要になる証拠の具体例としてはこういった感じのものが代表的なものになるけど、どう?…なんとなく理解してもらえた…?
そーですね…なんとなく理解できたかなって思います。
アバター画像
アバター画像
ただ、さっきも言ったけど、労働局に「紛争解決援助の申立」をしたり労働基準監督署に「違法行為の是正申告」をする場合は証拠の提出は必ずしも必要ないから、「証拠がないから未払い賃金の請求ができない」ってあきらめる必要はないんだから誤解しないようにしてね。
あっ、そうでしたね…労働局とか労働基準監督署の手続きを使うときは証拠がなくてもよかったんでしたね…
アバター画像
アバター画像
それと…証拠が必要になるのは裁判で未払い賃金の回収をする時ぐらいだし、そもそも裁判をするときは弁護士とか司法書士にまず相談するのが先になるだろうから、弁護士とか司法書士に相談したときに「証拠として○○が必要になるから確保するようにしてください」なんていう風に指示してくれるはずだよ。だから今の段階で証拠の収集に神経質になりすぎる必要はないかもしれないね。
そっか…それはそーですね…
アバター画像
アバター画像
…んで、未払い賃金の請求に関しては自分がどういった手続きを選択して解決を図るのかって言うのをまず決めるのが先決だから、証拠の問題は置いといて、「労働局に紛争解決援助の申立」をして労働局から指導をしてもらうのか、「ADRの手続き」を使って会社と話し合うのか、「労働基準監督署に違法行為の是正申告」をして監督署から行政処分を出してもらうのか、それとも「弁護士とか司法書士に依頼して裁判で未払い賃金を回収」するのか、っていうのをよく考えることが必要だよね…
アバター画像
まあ、なんか困ったことがあったらまた来てくれればいつでも相談に乗ってあげるからそんなに申告に悩まなくてもいいんじゃない……ってウキキィ?
アバター画像
…やべっ!…もうこんな時間かよっ!!…今日俺、努力遠足の予定入ってんだよね…え?…努力遠足知らないの?…努力遠足ってのは大分の一部の地域で実施されてる20kmぐらい山奥に歩くだけの学校行事のことだよ…だから俺もう帰んないといけないから、これで失礼するよ…じゃ、ネコさんまたねっ!…ウキキッキィー!!
努力遠足って……トルティーヤ先生ー!?
アバター画像
広告

私のために誰かのためにシェアする

別れ際、ついでにフォローする

トップへ戻る