給料の未払いがあった場合の具体的な請求方法とは?

私のために誰かのためにシェアする

そんなバカなバカな…バカ、バカ、バカ、バカな~…!
アバター画像
あっ…今の聞いてました…?ごめんなさい、つい感情的になっちゃって…
アバター画像
え?…どうしたのかって?…実はね…まにゃったん、もう3か月も前から給料が振り込まれてないんです…
アバター画像
もちろん、仕事をさぼったりしたわけじゃなくって、ちゃんと働いてるんですよ…でもね、社長が最近、変なマタタビに手を出してるみたいで…
アバター画像
…そんな会社辞めればって言う猫もいるんだけど、転職するのにもお金が必要だから今まで働いた分はキチンと払ってもらいたいんですよね……あ~あ~…どーしたらいいんだろ…
アバター画像

【給料の未払いに関するトラブル】

勤務先の会社が給料を払ってくれないといったトラブルを耳にすることがあります。

このようなトラブルに遭遇した場合、会社側に給料を支払うよう求めるのは勿論ですが、それでも会社が支払わない場合は法的な手段を利用して支払いを求める他ありません。

では、給料の未払いがあった場合に取ることのできる法的な手段としては具体的にどのようなものが挙げられるのでしょうか?

広告

プロローグ

アバター画像
あ~腹減ったな~…久しぶりにスパベッキー食いてーな~…
あっ!その声は…トルティーヤ先生!!
アバター画像
アバター画像
はい。私がチンパンジーのトルティーヤです。ちなみにスパベッキーってのはスパゲッティーのことね…
トルティーヤ先生っ!あの~…ちょっと聞きたいんですけど、会社が給料を支払ってくれないときって具体的にどう対処すればいいんでしょうか…?
アバター画像
アバター画像
会社が給料を払ってくれない?…何?どうしたの?…会社倒産しそうなの?
…いや…会社の経営は全く問題ないと思うんですけど、社長の猫が最近新種のマタタビをNyamazonで購入したみたいで、マタタビに酔いまくって経理部の決済をしてくれなくなってるみたいなんです…で、もう3か月も前から給料が振り込まれなくなってて…
アバター画像
アバター画像
なるほど…倒産寸前ってことはないけど会社の手続き上の問題で給料の支払いが送れてるってわけね…
トルティーヤ先生…私どうしたらいいんでしょうか…来月も払ってもらえないってなったら貯金もなくなっちゃうし…野良猫になっちゃうのやだよ~…
アバター画像

給料の未払いがあった場合の対処法

アバター画像
まぁ…そんなに不安にならなくても…賃金の未払いがあった場合に使える法的な手続きもいくつかあるから何とかなるんじゃない…?
給料未払いの対処法ってそんなにいくつもあるんですか?
アバター画像
アバター画像
いくつもっていっていいかはわからないけど、今思いつくだけでも4つぐらいはあるかな…
4つもあるの…?
アバター画像

(1)労働局に紛争解決援助の申立を行う

アバター画像
うん。まず一番手っ取り早い対処法としては労働局に紛争解決援助の申立を行うのが考えられるよね。

労働局→都道府県労働局:所在地一覧|厚生労働省

ろーどーきょく?…労働基準監督署じゃなくて…?
アバター画像
アバター画像
そう、労働局。労働局で実施されてる紛争解決援助の手続きを利用するんだ。各都道府県にはそれぞれ労働局っていう厚生労働省の出先機関が設置されてるんだけど、その労働局では「労働者(従業員)」と「事業主(会社)」の間で何らかの”紛争”が発生した場合にその”紛争”を解決するための手続きが設けられているんだ。
アバター画像
…んで、その手続きが「紛争解決援助の申立」っていう手続きになるんだけど、紛争の当事者にあたる労働者か事業主の一方が労働局に「紛争解決援助の申立」を行うことで労働局からその紛争解決に必要な「助言」や「指導(行政指導)」を行ってもらうことができるんだよ。
じょげん…?
アバター画像
アバター画像
「助言」って言うのは労働局からその申立てられた紛争の具体的な解決方法を「助言」してもらうことをいうんだけど、たとえば「給料の未払い」だったら「どうしたら賃金未払いのトラブルが解決できるか」っていう具体的な解決方法を労働局から助言してもらうことができるってことになるかな…
じゃぁ、しどーってゆーのは?
アバター画像
アバター画像
「指導」って言うのは、労働局からその申立てられた紛争の解決に向けた行政指導を行ってもらうことを言うんだけど、たとえば「給料の未払い」のトラブルだったら労働局から会社に対して「未払いになっている賃金を支払いなさい」っていうような「行政指導」を行ってもらうことができるっていうことになるだろうね。
へ~…そんな手続きがあるんだ…
アバター画像
アバター画像
それにこの労働局の紛争解決援助の申立手続には”あっせん”の手続きも設けられてるから、労働局にその「あっせんの申請」をすることで給料の未払いが解消されることもあるんだよ。
あっせん…?
アバター画像
アバター画像
”あっせん”っていうのは裁判所で行われる「調停」のような手続のことで、具体的には3人以上のあっせん委員で構成される委員会が紛争の当事者(つまり今回の件だと給料を支払わない会社と給料を支払ってもらえない『まにゃったん』のことね…)や参考人(今回の件だと例えば会社の同僚とか…)から意見を聴取したり、紛争の当事者等から意見書の提出を求めたりするんだけどね…(個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律第23条1項)。

個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律第23条1項

あっせん委員は、紛争当事者から意見を聴取するほか、必要に応じ、参考人から意見を聴取し、又はこれらの者から意見書の提出を求め、事件の解決に必要なあっせん案を作成し、これを紛争当事者に提示することができる

アバター画像
…で、このあっせん委員会が聴取内容や意見書の内容を精査して紛争の解決に必要な「あっせん案」を作成して紛争当事者に提示しトラブルの解決を図るんだけど、労働局のあっせん委員会から会社に対して「未払いになってる賃金を直ちに支払いなさい」っていう感じの「あっせん案」を提示してもらえれば会社がその「あっせん案」を受け入れて賃金の未払い状態を解消することが期待できるんだよ。
なるほど~…でも、そんな手続きが使えるんだったらもっと早く相談に来ればよかったな~…だって労働局にその「紛争解決援助の申立」とか「あっせんの申請」ってのをすれば労働局が私の代わりに「未払い分の給料をさっさと払え!」って行政指導とか「あっせん案」を出してくれるんでしょ…?だったら、会社もビビッてすぐに支払うだろうし…
アバター画像
アバター画像
いや…ただね、この労働局の「紛争解決援助の申立」の手続きとか「あっせんの申請」の手続きは万能じゃなくって、この労働局から出される「指導」や「あっせん案」には強制力がないから、労働局が「未払いになってる賃金を支払いなさい」って会社側に「指導」や「あっせん案」を出したとしても、必ずしも会社はその労働局の「指導」や「あっせん案」に従う必要はないんだ。だからもし会社が労働局の「指導」や「あっせん案」に従わない場合は給料の未払い状態は解消されないことになっちゃうんだよ。
え~っ?…じゃぁ労働局の紛争解決援助の手続きって意味ないじゃないですかっ!?…だって、労働局の指導とかあっせん案に従わなくてもいいってゆーんだったら会社の方も無視するにきまってるもん…
アバター画像
アバター画像
いや、でもね、賃金の未払いはそれが真実である限り法律的に考えて100%会社が悪いのは明らかなんだし、「あっせん案」を作成する”あっせん委員”も弁護士とか大学教授、労働組合の有識者といった労働関係の法令に精通した専門家や有識者から選任されるのが通常だから(個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律第7条2項)、労働局の出す「指導」や「あっせん案」に従わなかったとしても後で裁判になれば会社側が敗訴することは会社側もわかると思うんだよね。だから『まにゃったん』が務めてる会社がまともな会社なんだったら普通はその「指導」や「あっせん案」に従うだろうから、労働局から出される「指導」とか「あっせん案」に会社が従わないっていうケースはよっぽどのブラック企業でない限り考えられないんだ。

個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律第7条2項

委員は、学識経験を有する者のうちから、厚生労働大臣が任命する。

なるほどねー…そっか、会社側は労働局から出される「指導」とか「あっせん案」に必ずしも従う必要はないけど、その「指導」とか「あっせん案」を拒否するのは常識的には考えられないから、労働局に「紛争解決援助の申立」を行なったり「あっせんの申請」をすることで未払い状態になってる給料を会社がすぐに支払ってくれることも十分期待できるってことになるんですね。
アバター画像
アバター画像
そうだね…ただ給料の未払いに関するトラブルの場合は会社が倒産しかけてて払いたくても払えないって状態になってるケースもあるから、そういう場合は労働局がいくら「未払い賃金を支払いなさい」っていう「指導」とか「あっせん案」を提示したとしても会社が支払ってくれないケースもなくはないかもしれないね…
アバター画像
…いわば「無い肉球…」じゃなくて「無い袖は振れない」ってやつね…でも、さっきの『まにゃったん』の話だと会社が倒産しかかってるってわけじゃない感じだから、労働局に紛争解決援助の申立をするのも解決方法の一つとしては”有り”なんじゃないかって思うよ。
なるほどね~…労働局の手続きか~…で、実際にその紛争解決援助の申立をするときはどーすればいいんですか?
アバター画像
アバター画像
労働局の「紛争解決援助の申立」とか「あっせんの申請」を利用したい場合は最寄の労働局に出向いて「紛争解決援助の申立の手続きをしたいんですけど」って相談することから始めるのが通常だよ。で、労働局の方で「このケースは紛争解決援助の申立の手続きを利用できるケースだ」って判断してもらった場合は申立書に必要事項を記入して労働局に提出することになるのが一般的だろうね。
アバター画像
申立書の書き方は労働局の担当官がある程度教えてくれるから心配することもないかもしれないね。ちなみに「紛争解決援助の申立」とか「あっせんの申請」は無料で利用できるから、あとで説明するような弁護士を雇って裁判とかするのに抵抗がある人…じゃなくてネコにとっては利用価値が高い解決方法になるんじゃないかな…?
なるほど~…労働局の手続きって意外に簡単そうですね…
アバター画像
広告

私のために誰かのためにシェアする

別れ際、ついでにフォローする

トップへ戻る